Gallery


現場レポート(最新は最下部です)



2004

1/11(日) 兵庫県
村岡町 成人式記念コンサート

今年のゲストは二胡の張連生さん、揚琴の成さんでした。ここはブッキングもしているので言葉の通じにくい外国の方との連絡は苦労します。よって通信費は普通の倍。「本当に今日来てくれるだろうか?」と疑いつつリハを迎えます。成さん(女性)の欧陽菲菲(オーヤンフィフィ)ばりのMCに一人受けてました。

(実際、中国への里帰りで前日まで携帯がつながりませんでした。おー恐わ!)



3/20(土) 兵庫県
朝来町多々良木
朝来芸術の森美術館

龍野市出身の童謡歌手、
多田周子さんのミニライブ
アンパンマンでお馴染みの作家「やなせたかし展」のオープニング・イベントのため一時的にロンパールーム化。オ子チャマ連れが多い。多田さんの絶妙なお客イヂリにいつしか大人達も子供と同じポーズをとって・・・。

(ピアノ伴奏は山内貴子さんです)




3/21(日) 兵庫県 豊岡市  
第19回円山川マラソン大会 

今年は天気に恵まれたと思いきや、皮下脂肪が少ない私には北風が強くズボン下の必要性を強く感じました。ランナーには丁度良い環境なのかも。MCは去年と同じく中川キヨミママでした。昨年は撮りそびれたので、今年はアップで撮影しております。

(注:言うまでもなくご本人は右の私服の方です!)




3/27(土) 京都府 宮津市
宮津市民会館
「一つの命はみんなの命」

心臓移植手術を必要とする「小倉有加」さんを励ますチャリティ・コンサート
参加団体10組,1組入れ替え含め15分という制限の中、舞台転換は超・大変な修羅場です。ステージの置物を極力減らさないといけないので、演奏者との話し合い、妥協点を探し出すことが主な仕事となります。

(リハ時の加悦谷高校合唱団です)
      音響卓回線図.pdf



4/1(木) 兵庫県温泉町
湯村温泉ライトアップ式典

3年前から国交省のお墨付きで始まったライトアップ事業で、町中いたるところに照明が仕込んであります。横浜ベイブリッジや明石海峡大橋の照明を手掛けられた石井幹子先生がデザインをされました。丁度桜も満開で思わずシャッターを・・・。

(因みに総工費三億円かかっているそうです)

点火SE.mp3

(点火用に作りました。業者の方、ご自由にご利用下さい)



4/11(日) 兵庫県
和田山町 竹田お城祭り
「ほろよいコンサート」

家具の町、和田山町竹田で行われた昨今多い酒蔵を利用したジャズコンサートでした。バンドは豊岡市から「アコースティック・ジャズ・トリオ+1」でした。お客さんは初めてジャズを聞くようなおじさん、おばさんが多かったですが、熱心に朝、昼ともに聞きに来たオカーサンがいて何回もバンド名を聞いてましたが口伝えでも、紙に書いてもらっても、最後までどうしても覚えられなかったみたいです。

(ほろ酔いと言いつつ、利き酒会があったので泥酔のおじさんも外にいたり・・・。)



4/22(木)大阪府
  羽曳野市 野々上3-4-29
カラオケハウス「シャルム」
      tel:0729-37-0486

大阪府の南部、羽曳野市にあるカラケハウス「シャルム」さんの機材調整に行きました。知り合いの演歌さんの紹介で通信カラオケ機材以外、音響機材をほとんど全部入れ替えました。ここは我々が普段使用する機材を入れていますので音はハッキリクッキリ。普通のカラオケエコーを望むお客さんは当然いなくなりました。上手い人はよりいっそう上手く、そうでない人はあまりの鮮明さにけっこうヘコミます。大阪にあるカラオケのお店の中では席数が多いので1時間待ちなんてのはザラで、遠くは京都、奈良からも愛好家が集まってきます。機材の接続が複雑なので何かトラブルがあると飛んでいかなければならないのが、難点です。 因みに今年は初めてですが。

(マスターいい加減に操作覚えましょうね!)



4/29〜30 兵庫県
温泉町 天台宗 正福寺
兵庫教区第五部特別授戒会

二日間続いた式典のPAでしたウチから片道1時間40分はかかるので毎朝5時起きで現場入りでした。 比叡山延暦寺から偉いお坊さんもみえていました。天台宗は2006年開宗 1200年らしく色々なイベントが盛りだくさんのようです。二日で三回総計318人 の信徒の方が授戒されました。若手僧侶さん達のキビキビとした運営で、とどこうりなく終了いたしました。

(ありがたい法話を三回も聞けて少しは得を積んだかも・・・。法雲寺さまお世話になりました、合掌!)




5/8(土) 兵庫県豊岡市
アイティ7F 市民プラザ
「STREET STREAM」

4/29にオープンした、世間によくある可動式座席300人のホール「ほっとステージ」のオープニングイベント。地元アマチュアのロックバンド、ダンス、フォーク、DJ&ラップありの幕の内的プログラムでお客さんは飽きずに楽しめますがバックステージでは転換が超大変です。卓、周辺機器のみ持ち込みでしたが音響室のプロセッサーでガチガチにガードしてありロックバンドでは本来SP(EAW)の威力を発揮出来ずでした。

卓回線図.pdf

(ボランティア・スタッフの皆様お疲れさまでした。あまり頑張り過ぎると胃にポリープが出来ますよ!)



5/16(日) 兵庫県
神戸三宮 
第34回神戸まつり

神戸まつりに初参加しました。出発時から豪雨で三宮に着いても相変わらず。京町筋に一番乗りで到着するも雨具が豪雨で役立たずカッパをコンビニに急いで買いに行きました。心配していた雨も1回目のパフォーマンスの頃にはなんとか上がり、メインのパレードも小雨ながら無事終了しました。2回目のパフォーマンスは雨あしが強くなり中止になりましたが、逆境によりテンションは最高潮に達していたので「もう一回やりたかったなー!」と思いつつ帰路に着きました。

(何屋か解らない到着時のパレード車,ボンバトゥーキの皆様お疲れさまでした)  
回線図pdf  システム図pdf

その1   その2    その3    その4    その5    その6    その7   その8

(撮影:レントオール豊岡 藤本正美氏)




5/29(土)兵庫県
出石町ひぼこホール 玄関ロビー 
「ラテン・ジャズ ライブ森村献with Y.Y's Special」
森村献(p)山田能史(b)、福留敬(flute)、実座良彦(timbales)、安藤弘(conga)

関西で活躍するラテンミュージシャンと日本のラテンジャズピアノの第一人者森村献氏を東京からゲストに迎えたキューバン・ラテンライブ。客層は結構年配の方も多かったですが席を立ちステップを踏む場面も。曲が進むにつれ打楽器のリズムでお客さんがノッて来るのがハッキリわかりました。Wooh!の発声タイミングに合わせてフェーダーの上げ下げがモグラ叩きみたくコチラも最後まで楽しめました。

MCは地元FMジャングルDJ、グレゴリーさんでした。

 

(森村氏の発するAhhhhhhhhhhh-Woh!!のかけ合いがお客さんに異常に受けていました。行った人だけ理解可能)  
回線図pdf  ステージ図

リハ時   本番        




6/6(日)兵庫県
豊岡駅前大開通り歩行者天国〜市役所広場
「遊・結 広場、みんなで手をつなごう」
豊岡JC主催の合併市町村の人達が一同に集まって、駅前商店街1500mの手繋ぎをしようというダイナミックな企画でした。色々な小ネタがあちこちであり、我々は3会場であるバンド・ライブの一部をライブ中継、ミニFMの電波でジャングルのスタジオまで飛ばし本線に乗っけるという荒技をしました。

MCは地元FMジャングルDJ、西村局長竹村あゆみんさんです。(後にはトトロ坊やと何やら考え込むグレゴリーさんが!)

 

(雨が心配でしたが大降りにならずなんとか終了しましたが、丁度一番降っている時に演奏中だったK&Yバンドの人が最近大金を出してKBを買ったらしく”壊れたら市長を訴えてやる!”と叫んでいたそうです)  
回線図pdf  

その1   その2    その3    その4

おまけ




7/25(日)京都府
野田川町駅前広場  
「下山田区納涼夏祭り」

昨年に引き続き2回目の仕事です。歌のゲストは大阪から「江夏夕夏」さんでしたが、夏風邪で点滴を打ってのステージでした。カラオケ大会もあるんで司会進行の力量が重要になりますが、昨年に引き続き宮尾すすむバリキャラのMC松尾与一さんに随分助けられています。

終盤稲光りがピカピカしてましたが結局降らずでヨカッタヨカッタ!




7/31(土)
兵庫県美方郡浜坂町  
サマーゲームフェス イン 浜坂サンビーチ」

イベントものはあまりやらない当社ですが、この日は商工会青年部主催の体力勝負系ゲーム大会でした。あいにく台風の影響で海水浴客も超少なく、賞品も一人づつ当たるんじゃないかと、いらない心配をしましたが、沖縄旅行の当たる最後のビンゴゲームの頃にはどこからともなくゾロゾロと地元の人々が集まり出し賑やかに終了しました。

(一見高校生かと見間違うくらいなMCのオネエさんがこれまた強力な人で、ゲーム実況でテンションも落ちず4時間延々シャベリっぱなしでした。人柄、間、機転の効かし方、アドリブ等すべてに及第点で、プロ根性を見ました)




8/1(日)兵庫県
豊岡市民プラザほっとすてーじ  
「吉本S1グランプリ2004予選会」

最近ブライダルと共にあまりやらなくなったカラオケコンテストの音響でした。この企画は50才以上の参加資格で優勝すると公益社より葬儀一式がプレゼントされるというシニカルなもので、但馬一円からイチビリおじさん、おばさんが集まりノドを競いました。ゲストは吉本所属中国人歌手ヤン・チェンさんでした。歌もさることながら持ち込みMDオケのダイナミックレンジが完璧(当然ですが)で、さっきまでのカラオケ機の音って何だったんだろうと思うくらい打ち込みカラオケとの差を実感しました。

(65人の出場者でしたが年を聞いてビックリするくらい見た目若い方が多いです。因みに来年私は参加資格を得れます!



 8/2(月)兵庫県
豊岡市民体育館前広場
「商工会青年部フェスティバル」

地元のバンドが3組、「サブロスラ・デル・ソニード」という大阪の11人編成のキューバン・サルサ・バンドがありました。サブロスは後からの持ち込み企画なので予算のこともあり機材の差し替え、目盛りメモリー等、超・大変でした。この日は「柳祭り」という豊岡の夏祭りで花火がバンバン上っている中、サルサで多いに盛り上がりました。ギャラが安いのでステージ照明の他、露天バザーのアカリ配電までも受けてしまったので、演奏中でも気になってアッチのテント行ったりコッチ行ったりで大変でした!(よう、ヤル) 最後はこの日のために選曲してきた超・癒し系BGMを聞きながら大いに酔いしれ機材バラシをしました。

(その1.MCのお姉さんが弁当が出て来ないので怒って催促してgetしました。女はエライ! その2.サブロス演奏の最中アカリに呼ばれて蛾が飛んで来てヴォーカルnana嬢がステージ上を逃げ回っていました)  
回線図pdf  

その1   その2    その3    その4   その5

おまけ


 8/8(日)京都府
舞鶴総合文化会館小ホール
「小さなピアノコンサート」

内藤泰子先生門下のピアノ発表会の録音でした。昨年につづき2年目です。参加者はモチベーションが高そうで力の入った演奏が続きました。いつもはC414-TLIIで録っていますが今年は趣向を変えてテクニカのAT4050で録ってみました。結果、キャラが全然違うのでこれはこれで良し!という結論に。言葉で言うと「ガチッ、ゴチッ」か?DATで録音したものは家に持ち帰りパソコンで長さの編集、不要な帯域をカット、音質補正をしてCD-Rにします。

(カシャカシャとえらく熱心な身内だなと最初思っていた人は実は今日のカメラマンでグラビアを撮るみたいにカシャカシャやっていて非常に不快でした。こういう無神経な人が環境汚染を引き起こすんだろうなと訳の分からないことを空想しながら、20分で撤収、家路につきました)  
  

その1   その2    その3 

本日の使用機材 

ミキサー:Mackie MS1604VLZ-Pro+Negisi ZAC-1 (電源cable)
DAT録音機:Sony TCD-D7(DAT)  
スペア録音機:Sony MDS-E10(MD)
マイク:AudioTechnica AT-4050/CM5(2)
マイク・ケーブル: mogami2893 15m(2)
マイク・スタンド:manfrotto 16158 (3.6m)
電源タップ:Oyaide OCB-1



8/13(金)
兵庫県青垣町 
「第3回佐治川のゆうべ」 


来年は二度と来ないぞ!っと思いつつ又また来ちゃいました。今年は会場が陸地(昨年までは川の上)になり音環境も随分良くなりました。出し物が比較的楽なんで今日は私がステージ転換にまわりヘルプのOくんに卓操作をお願いしました。 青垣は但馬と丹波の丁度中間点で、土地の人とシャベッテいても人間性がとってもおおらかです。人の往来が多いとシルクロードではないけども順応性が高くなるのかも。独立精神も旺盛で、この企画自体商店街とか町の元ではなく町内の11地区の有志で運営されています。

(夕食を食べに行った喫茶ジュリアンが最高で、マスターのいでたちもさることながら完全に70年代にタイムスリップしてました)  

その1   その2    その3    その4    その5    その6    




8/14(土)京都府 舞鶴前島公園 
「第10回街遊びフェスティバル」 

12時スタートで夜の9時頃まである何でもあり幕の内イベントで、当社で一番長くてつらい現場です。出し物は変われどこちらスタッフは4人のみ。(涙ウルウル´Д`;)今年の街フェスは暑くて生き地獄でした。バンドが7組、全撤収、楽器のレンタルもあってバックステージは修羅場です。昼の部と夜の部のツナギで、高校時代ウチでデモテープを録って東京でプロを目指している熊倉優が飛び入りで20分ほど演奏しました。幾度も絶好のチャンスはあったの30を前に最近やっと本気が出て来たみたいで気迫がこちらにも伝わってきました。ところでMCの君たち!最近の若い人達はシャベリの時でもマイク頭を掴み(いわゆるラッパー持ち)シャベルのでゲインが上げられないので困りものです。っで音量上げろって無理な注文なのよ。右翼の街宣車状態で疲れる、疲れる!

(晩メシ出ずで、また涙ウルウル´Д`;!俺たちはロボットじゃないですたい!スタミナ回復をはかり皆で帰りに天○一×でコッテリ大盛りラーメンを食べて帰りました)  
                  

その1   その2    その3    その4           




8/28(土)兵庫県 村岡町 福岡 
八幡山芸術祭」 

八幡神社境内にある古墳後地の石舞台で行われる演奏会です。今年は尺八の橋本岳人山氏を中心として琴とシンセを加えたグループ、アフリカン・ダンス、ドラムのパフォーマンス集団、村岡と姉妹都市である大阪門真少年少女合唱団というメニューで行われました。発電機の調子が悪く、アンプから聞いたこともないようなアラート音がしましたが、運良く最近新しくなっていた仮設電源盤が近くにあったためそちらの商用電源に切り替えて難なきを得ました。(この手のトラブルはタダで借りてこられる主催者手配だとよくありがちです)

(オペ席の近くで火を炊かれていたため灰がミキサーに付着し筆ブラシを持って終始払いながらのオペでした)  
                  

その1    その2    その3               




8/29(日)兵庫県 豊岡市民会館 
エリック・宮城EMバンド」 

圧倒的迫力!難しいリフをいとも簡単に演奏する完璧なアンサンブル集団!日系3世トランペッター、エリック・宮城氏を中心とする17人編成のフルバンドです。この日聞けなかった人は一生の不覚。メンバー表を見てもわからなかったけど、日本を代表するスタジオミュージシャン、テレビで良く見る顔が沢山でした。各人のソロを含め一流のエンターテイメントとは何かを聞かせてもらいました。超・ハイノート吹きのエリックさん用マイクにインサートしたコンプは最初から最後まで張付いたままで、マイク28回線、モニター5系統11ケ、「モニターはなければいいですよ!」という事前の話とは裏腹に出るは出るはオーダーの嵐。リハの合間にエリックさんがしゃべる楽屋裏話がジャズマン特有のバカ話でこれもおかしくて役得でした。フルバンドは昔今は亡き近鉄小劇場で中井さんとこのhozhgオーケストラ をやって以来でしたが、音数の多い楽団はこっちもやってて楽しいです。(注:上手いバンドはですよ!)

(この日はダブルブッキングでもう一ヶ所の野田川町現場を早朝仕込んでからの仕事でBチームと連絡を取り合いながらの進行でした)  
                  

その1   その2    その3     その4   その5    その6 

オマケ

ステージ図.pdf    回線番表.pdf    New!エリックさん公認直筆 演奏曲目   舞台平面図原本



9/5(日)京都府 野田川町四辻 
「五区区民祭り」 

機材倉庫から歩いて4,5分の距離の区民祭りでした。以前は穴石神社という神社の例祭だったような気が、最近は何やら演芸会+ビンゴゲームだけの内容になって来ています。通年のメニューは子供ジャンケン大会、腕相撲、歌で、以前はプロ歌手を呼んだりして派手にやっていましたが最近は以前にも増して低予算で運営されているので近場のアマチュアさん達頼みとなって来ているみたいです。ビンゴの商品数も少なくなったのか今年は定刻で終了しました。ビンゴの途中ヤフ・オクで入札していた終了時間が来たので一旦オペを任せて家へ戻り入札、無事ゲット!(カミサン用のanies.bショルダーバッグ1600円也でした)

(最後まで「私が歌ってあげる!」と言ってきかなかった大下さんちの子供さんがずっとステージ周りをウロツイていてマイクジャックしそうで心配でした。青シャツの女子!)  
                  

その1   その2    その3     その4   




9/15 兵庫県 豊岡市
アイティ7F 豊岡市民プラザ
「ボランティア・スタッフ音響研修会」

「ホール機材を使ってロックのライブが出来るようレクチャーして下さい」と館長からの命を受け、ボランティア・スタッフの皆さんにデモンストレーションをしてきました。まずはSP位置移動。HiBoxが出過ぎだったのでアンプ設定から始まりマスターEQ調整等々を施し白いキャンバスを作ります。移動卓マイダスvenice160はあるものの今回のオーダーでは回線が足らず、使い勝手は悪いんですが調整室から頭を亀のように首を出し、既存のショボ卓でのプランとなりました。マスト・アイテムの周辺機器は備品にないのでコンプ3ch、ディレイ、リバーブを持ち込み、地元バンドを実験台に秘密のチップスを交えてのオペレーションをしました。皆さん今までこのシステムで聞いたことのないような音だったらしく、静かな興奮があたりを包んでいました。皆さん沢山叱られて、失敗して上手くなってこの業界の底上げをして下さい。いくらでも知ってるノウハウはお教えしますが、詰まる所、聞き分けの出来る耳を使ってクライアントに対して責任があるものを作れるかどうかが問題なのでそこの所をわきまえほどほどに楽しんで下さい。それと音の良くなるツマミってありませんよ!(因みにホールのシステム設計プランニングは不二音さんです)

卓回線図.pdf

その一     その二     その三

(不二音、東亜、松下とホール機材の御三家!どこのホールもそうですが移動卓に多チャンネル卓をいれて欲しいっす。調整室は8chで十分ですよね?この分野も建築業者との癒着、行政改革が大いに必要なような?)



9/17(水),10/15(金) 野田川町 
  ユースセンター音楽ホール
「野田川町内 小・中学校歌録音」

野田川町内の小学校5校、中学校1校の校歌を各戸配布の町政50周年の冊子の付録でCDとして入れるらしくその録音をしてきました。将来の学校統廃合も睨んだ粋な企画でした。 色々聞いてみると戦前の頃の歌詞と、戦後の民主主義色濃い新しい学校とで歌詞の内容が随分変わって来ているのが感じれ、中には漢字が読めなかったり歌詞が難しくて覚えきれていない学校もあったりで臨時の国語の時間になっている学校もありました。ウチには学齢期の子供はいないのですが、子供は素直で可愛いけど集団になると非常にやかましいです。まるで牛追いの如く児童を次々と手際よく誘導して行く先生方。それにしても先生って四六時中叱っていて(ハードな注意?)、一日中あれじゃストレス溜まるだろうなといらぬ同情をしました。

その一      その二       その三      New!その4

(カミさんのお父さんが作曲した校歌もあり、CDという形にして残す作業を担うことにチョッピリ誇りを感じたりもしました)


10/12(火)兵庫県城崎町
   弁天神社前 
「祭礼太鼓録音」 

温泉の町、城崎町のお祭り祭礼の太鼓の録音をしてきました。13,14,15日とが当地の秋祭りで記録を残す目的ということでその日の朝に打診があり即決での仕事となりました。クライアントは自治体でしたが日本有数の温泉観光地ということもあり自営業者(納税者)の力は絶大で、鶴の一声でこういうことが簡単に決まってしまいます。演奏は50代後半から70代の長老さん達で、皆さんそれぞれ演る人により同じ曲でも解釈が微妙に違うので伝言ゲーム(伝承)のように世代が変わると少しづつ変形していくんだろうなと感じました。

(若い衆の年長者に対する言葉使いが最近多いタメ口ではなく深い尊敬の念を持っているのが感じられ妙に印象的でした)  

 その1    その2    その3               

本日の使用機材 

ミキサー:Mackie MS1604VLZ-Pro+Negisi ZAC-1 (電源cable)
DAT録音機:Sony TCD-D7(DAT)  
8tr録音機:Tascam DA-38(8tr multi)
マイク:AudioTechnica AT-4050/CM5(2),Sennheiser MD421u(2)
マイク・ケーブル:Belden1192
マイク・スタンド:manfrotto 16158 (3.6m)、Flex(2)
安定化電源:山菱3kw



10/23(土)24(日)
兵庫県豊岡市

アイティ7F
 「FMジャングル 災害情報放送」

23日は豊岡で越智順子さんのライブ予定だったのですが未曾有の大型台風23号のために当然中止、台風の影響で60数時間送信アンテナの停電で停波していたFMジャングルの復旧ボランティアに2日間行って来ました。続々と入ってくる交通情報、生活情報を原稿からHPに書き込む仕事を担当しました。生活に必要な身近な情報が不足する中、電波で生の情報を発信する大切さを実感しました。DJも総動員体制で、被災された方もいる中、自分の事はさし置き黙々とマイクに向かう姿に改めて報道人魂を見ました。ありきたりの文句ですが皆さん頑張って下さい。

(日頃お世話になっている豊岡市民会館も電気室水没で年内復旧は難しいそうです)  

 その1    その2    その3               

※行き帰りには堤防決壊で特にヒドイ被害を受けた本流東側はツラクて通れませんでした。


10/30(土)
京都府岩滝町
知遊館・あじさいホール」
 池長一美バート・シーガーユニットのコンサートでしたが、あいにく台風23号の影響で前後のライブが中止になりましたが、比較的被害の少なかった岩滝町では何とか開催の運びとなりました。お客さんの入りは過去最悪の模様でしたが昨年同様府立工業高校のマンボウ・ジャズバンドをゲストに迎え行われました。「池長一美を丹後で聞く会」も今年で早10年目、ここ最近はボストンからピアノのバート・シーガーを客演に迎えてのユニットで定着しつつあります。ホールは地方によくある客席可動式で今回は水害で不入りを見込んで客席は出さず、Pfを客席に降ろし、お客さんもライブハウスの感覚で真近で聞けました。こういう音楽、場所ではサービスエリアの均一な同軸Tannoyスピーカーの力の見せ所でした。池長さんは豊岡出身なので明日の兵庫県ツアーを控えて少々ナーバスでしたが、始まってしまえばいつものイケチャンパワー炸裂で、よって3時間を超える長丁場のコンサートでした。

 演奏メンバー:池長一美(Dr),バート・シーガー(Pf),吉野弘志(Wb),藤井美智(tpt)

(水害でキャンセルになった日に急きょ豊岡でチャリティをする予定でしたがあまりに日程が間もなかったので今回は流れてしまいました。近々に池長別ユニットで開催予定です。我々も日程が合えば勿論参加します!)  

 その1    その2    平面図  回線図.pdf               



10/31(日)
京都府舞鶴市総合文化会館大ホール
市民による宗教弁論大会

今年の初頭から幾度となく会合に出席し、舞鶴宗教者懇話会という団体の初の試みの待ちに待った本番でした。実際は他の仕事と重なっていて前日は岩滝町があり仕込みにも行けず、当日も毎年恒例の学祭が以前から決まっていたので音楽制作、音響プランのみであとはホールの音響さんに機材を含め、本番オペも全部まかせました。本番前にチョコっと顔を出して高そうなお弁当をいただき、「食い逃げー!」と罵られつつ、式典終了後会場を後にしました。式典テーマ曲をはじめ、登壇用SE、エンディングBGMを作らせていただきましたが、中々こういうオモシロイ仕事は舞い込んで来ないのでいつになく楽しんで仕事が出来ました。作曲は会合帰りの車の中ですべて作りました。(鉄は熱い内に叩け、です)桂林寺さま、事務局の皆様長い間お疲れさまでございました

(デジカメが悪いのではなくて、SSGさんのスモーク炊き過ぎ!では?)  

 その1    その2     オマケ 

登壇用SE-1      登壇用SE-2     エンディングBGM 

(業者の方ご自由にお使い下さい)

※関連記事はmonologue


10/31(日)〜1日(月)
京都府舞鶴市
舞鶴工業高等専門学校 第39回学校祭」

今年も来ました、高専祭。最近の傾向では2日間の開催期間中どちらかは絶対雨が降る確率が90%です。案の定1日目本番終了前に大雨に見舞われ太鼓の演奏は直前に体育館に移動しました。2日目も怪しげな天気模様の中、何とか降らずに終了出来ました。例によって恒例のパクパク・コンサート(高専伝統の新入生の1年が女装をして口パクで踊る催し、最近は逆パクで女子生徒のグループもある)、軽音のバンド、生徒によるミニFM放送などに加え、ヒップホップのダンス・チーム、和太鼓のグループ等のゲストを迎えて賑やかに2日間を終えました。

(高専も今期より独立行政法人になり結構規制が多くなりましたが、逆にいえば今までがルーズ過ぎた感もアリ)  

 その1    その2     その3    その4      オマケ

逆パク氣志團 .動画


11/12(日)
兵庫県 温泉町
「夢千代館 開館記念イベント」

ライトアップ三か年事業もこの春で終わり、当分行くことはないなと思っていたら設営屋さんから本番数日前にオペのみの依頼が舞い込んで来ました。銀行の旧跡地を買い取り「湯村温泉博覧館 夢千代館」なるハコが出来、原作者の早坂暁氏などを招いての開館記念イベントです。中にはNHKの朝ドラで使用した小道具等の手展示の他、昭和初期の町並みなどが再現されています。(どこかにも似たものがありますね)天気も良く、地元の太鼓、踊り、夢千代コンテストなどでノンビリと初秋?の1日を終えました。

(因みに入館料300円、総工費1億円ナリ)  

 その1    その2     その3    その4       その5


11/18(木)、19(金)、30(火)
兵庫県 日高町文化体育館
「日高町内校歌録音」

日高町内の学校校歌をウェブで流すための素材録音収集、小学校7校、中学校2校+町歌の録音に三日間に渡り行きました。日高町も来年豊岡市と合併するにあたり、将来の学校統廃合を見据えた企画のようです。以前はよくコンサートとか発表会で来ていましたが久しぶりの来館でしたが相変わらず搬入口は坂になっていて危険でした。文化体育館?の名前の如く可動式客席で普段は球技等の使用が行われていますが、文化VS体育の備品対決は大いに体育系の施設の方が充実しています。この辺りでは珍しい900万円もしたという91鍵盤のベーゼンドルファーのコンサートピアノが唯一のアドバンテージです。

(恐ろしいことにベーゼンは個人寄贈です!横面にナニゲニ書いてあります)  

 その1    その2     その3    その4       その5

オマケ


11/26(金)
兵庫県 城崎町 西村屋 招月亭
「城崎踊りV録り&音頭録音」

秋からの一連の シリーズでの最後の仕事で城崎の踊りのV録りと一緒に生演奏を録音しました。最初会場は大会議館というホールだったのですが町長の「ウチの宴会場を使ったらええやないか?」という鶴の一言で西村屋招月亭さんに決まりました。悪条件の中1時から3時の間他の宴会やら厨房のノイズやらを避けながら何とか集音を終えました。城崎という町はこの辺でも特別で、祭りのヴィデオとか見せてもらいましたがすべてが豪快です。斜陽産業の多い近隣の自治体の中、税収、自主財源が大きいと自然に人間の生き方、遊び方も豪快になるべくしてなるんでしょうね。

(ウチで制作したミディ版城崎音頭が多分来年あたりに時報で町内に流れると思います)  

    その1    その2    その3    その4      

オマケ


11/28(日)
兵庫県 村岡町体育館
「次世代育成と町づくりを考えるフォーラム」

「夢を持って、子育て子育ちができる郷・村岡」のキャッチフレーズのもとに、村岡町内であったオープンフォーラムの音響です。こういう仕事は一般的に退屈なのですが私の場合は音響技術の実験場となります。まずはステージのサイド・モニターとフロントのSPの音の時間差を調整し舞台へ跳ね返った音がモニターと一致するように遅らせたり、音量を極力上げずに子音で言葉が聞き取り易いようEQをブーストしてみたり普段の音現場ではあまり出来ないことを色々試してやってみます。いつかは3mくらいのジャッキアップタイプのフライング出来るハイスタでSPを吊ってやってみたいです。

(ステージモニターを返すと自分の声が大きいと勘違いしてマイクから離れられることがありますがここでも最上手の教育委員会のオバサマが案の定でした)  

 その1    その2     その3    その4      


12/13(月)
兵庫県 豊岡市 豊岡市民プラザ
「がんばらーで豊岡!! 災害に負けるな 元気にメリー・クリスマス」

飛び込みで日本ミュージカル研究会の現地音響でピンW/Lレンタル+オペで6日ほど前に急に決まりました。(恐わー!!)前半1部クリスマス・メドレー、 2部ミュージカル・メドレーと次から次と曲が変わります。卓横に進行本読み手を付けてW/L6波+持ち込み2波+有線6本で通し1回だけで本番となりました。自社製ヘッドセットでゲインも上々、リハでは問題なく行っていたものの本番一発目アカペラが始まると・・・。「キィィイーン!」そんなはずは?「あり得なーい!」体中の血の気が引くとはまさにこのこと。フェーダーを下げてもまだ駄目でマスターもハーフに!オカシイ!何なんだこれは!HAを下げ、騙し騙し不完全燃焼のまま1部終了。

(1部,2部の休憩の間で市長の挨拶がやけに声が大きいと思ったら本卓経由のプロセが入ったまんまになっているのが判明。急きょ入った市長挨拶のためホールさんがルーティング・ミスで卓送りを入れてしまった模様。トホホ!そっりゃないっしょー!訴えてやるー!よって2部は問題無く進行。せめてもの救いは入場無料だったことか?今回は「人災に負けるな凸んでメリーX’マス」でした。アーメン!残・念!!波田陽区でした)  

 その1    その2     その3    その4      


12/24(金)
京都府舞鶴市 舞鶴商工観光センター
「X'マス イブ ジャズ・コンサート」

1,2年お見限りでしたが昨年からまた受けた出したXマスイベントです。去年は現場が重なりバイト君にまかせていましたが今年は参加出来ました。限定50人で4ピースジャズ・コンボ+ヴォーカルといったメニューで、両手を使って一人で照明&音響オペをやりました。生楽器のバンドでこれ位の規模が丁度自分の器にあっていて音も明かりも思いどうりにコントロール出来るのでやっていて楽しいです。歌の久美子さんは昔バリバリのハードロッカーでしたが(着メロはLaylaでした)ここ最近はジャズを歌っています。

(難点は予算がないので今回は照明関係はほぼ全部持ち出しでしたが来年は膨らむかなー?神様!)  

 その1    その2     その3    その4    


12/26(日)
兵庫県豊岡市 豊岡市民プラザ
「第一回 高校生バンド☆バトル」

市民プラザの自主事業で高校生に発表の場を支援しようという企画のコンテストでした。グランプリには演奏したCDのプレゼント、来年4月にある「浪花エキスプレス」のコンサートの前座を務められる特典があります。出来ればやりたくないジャンルのベスト3、婚礼、カラオケ、学生ライブ、の一つでしたが、無知な人達を相手に説明していくのは大変な労力を必要とします。案の上7組出場予定でしたがアレダメ、コレダメと全体会議の時に規制が出ると3組キレテ途中退席しました。当日は知る人ぞ知る豊岡出身在住ギタリスト古川博之氏の実演やら、オジサン審査員たちのオブラードに包んだ暖かい言葉に励まされ和やかに終了しました。

(演奏されたオリジナル曲は総じて皆キーが低いのは弾けるギターコードのせいでしょうか?ネットワークでしか鳴らせない小屋のEAW(FRシリーズ)はロックではどうにもこうにもならず来年は全部持ち込みになるでしょう、館長予算をー!)  

 その1    その2     その3    その4     その5

回線図.pdf



12/27(月)
大阪府羽曳野市〜福知山
「カラオケ シャルム〜モンローウォーク」

今年の仕事納めです。X'マスシーズンで行けなかった大阪のカラオケ屋さんの「シャルム」さんにアンプの交換に行ってきました。唯一オープン当時から使い続けているパワーアンプは8年間一度も掃除をしていなかったためフタを開けたらホコリがビッチリこびり付いていて大変なことになっていました。Q社のアンプに交換した音はママさんにも判るくらい劇的に良くなりました。(あえてメーカー公表は避けますが日本を代表するビッグメーカーです)というか以前のモノが悪過ぎたのでした。(施行は大阪E'spさんでした)今回はメインだけを替えましたが来年早々ステージモニター用アンプも換えることになりました。帰り道は福知山のカラオケハウス「モンローウォーク」さんに寄り、子供がいたずらしたというEQのツマミを治して我が家へ帰りました。
5連チャン続いた出仕事も今日で終わり、ホッコリ家で爆飲みでした。

(今年シャルムは5回、モンローさんは11月から5、6回行っています!)  

 その1    その2     その3    その4    




2003年分  2005 2006

[HOME]